Photo

(元記事: mangoblug (yellowblogから))

Quote
"今日、TLに流れてきた「鳴かぬなら そういう種類の ホトトギス」という言葉を、折々に思い出して一日が終わる。"

Twitter / masanimasaru (via mcsgsym)

(otsuneから)

Photo
(【ゆかい食堂 番外編】「みんなのごはん お食事会」に行ってきました - みんなのごはんから)
Photo
鶏肉、たまご、マヨネーズのたった3品でつくる「チキンタルタル」。 外はカリッと、中はジューシーな鶏肉にたまごたっぷりの濃厚タルタルソースがからんで、ビールがすすみます。でも、揚げてないから実はヘルシーというおまけつき。 ナイフとフォークをおくだけで、ちょっとおしゃれな一皿になるのもテンションがあがるところです。 「プシュ」のあと、いつもは缶のままゴクゴクの人も、今夜は丁寧にグラスにビールをそそいで、食卓につくっていうのはいかがでしょう?  飲み過ぎての廃人だけはご用心。 (材料3つでできる、夏の廃人ビールおつまみ! 卵だらけのチキンタルタル - みんなのごはんから)

鶏肉、たまご、マヨネーズのたった3品でつくる「チキンタルタル」。 外はカリッと、中はジューシーな鶏肉にたまごたっぷりの濃厚タルタルソースがからんで、ビールがすすみます。でも、揚げてないから実はヘルシーというおまけつき。 ナイフとフォークをおくだけで、ちょっとおしゃれな一皿になるのもテンションがあがるところです。 「プシュ」のあと、いつもは缶のままゴクゴクの人も、今夜は丁寧にグラスにビールをそそいで、食卓につくっていうのはいかがでしょう?  飲み過ぎての廃人だけはご用心。 (材料3つでできる、夏の廃人ビールおつまみ! 卵だらけのチキンタルタル - みんなのごはんから)

Photo
(ワンパンマンから)
Chat
  • 203:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/08/19(火) 10: 47:48.14 ID:2Nb9vihmi.net
  • あるバーにしゃべるアヒルがやってきて言った。 「ブドウはあるかい?」 バーテンが「ブドウなんてうちにはないよ。ここはバーだからな」と言うと、アヒルは残念そうに帰っていった。 15分後、また同じアヒルが来て言った。 「ブドウはあるかい?」 バーテンが少しいらついて「ない」と言うと、アヒルはまた帰っていった。 15分後、またアヒルが店へ来ると、バーテンは堪忍袋の緒が切れて怒鳴りつけた。 「おい!どの世界にブドウを出すバーがあるってんだよ! また同じ質問をしやがったら、その足を釘でフロアに打ち付けるぞ!」 アヒルは困った顔でしばらく黙っていたが、やがて口を開いて言った。 「釘と金槌はあるかい?」 「そんなもの、どこにもねぇよ!」 バーテンが答えると、アヒルは安心した顔で言った。 「ブドウはあるかい?」
Chat
  • 154:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/08/19(火) 10: 25:05.23 ID:2Nb9vihmi.net
  • ブロンドが彼氏を連れてケーキ屋に来た 「どれにするか決まったかい?」 「どれもおいしそう んー… じゃあコレとコレ!」 「ふたつはダメだよ!」 「えー?…じゃあコレとコレとコレ」 156:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/08/19(火) 10: 26:30.21 ID:HqmqmbfX0.net
  • >>154 二度漬け禁止だったから三度漬けしてやったっての思い出した
Quote
"キリスト教の変な戒律で身体を洗わない
トイレはなく道端にウンコ落とす
平民はナイフと手づかみで食事をする
食事中は痰や唾をそこら中に吐いてテーブルクロスで口拭いたり鼻かんだり
なんかキッカケがあるとすぐに喧嘩する
冬は常に食料不足で10年に2回は飢饉が起こる
正気じゃいられねぇ"

中世ヨーロッパ民の生活ひど過ぎワロタwwwwwwww - 哲学ニュースnwk (via darylfranz)

(yellowblogから)

Quote
"

どうしてあげるすべもなく、私はそこに立って、まわりを見回した。大勢の人が色々な格好でうめき、また、わめいている。

砂煙の中を人々は右に左に走っている。

どうしたのかまったくわからない。

ごろごろと横たわった死体にけつまづいたり、ふんづけたり、この世のものとは思えない光景だ。

私は思わず知らず走った。そして入り口の鉄の扉の前に立っていた。朝だというのに空も何かもが黒ずんだ灰色一色。

ぼーっと見ている中に、その灰色の中からボロボロの着物をまとった人間の一群がうめきながら段々とこっちへ向かって来るのが見えた。

もう一方の道を見た。

やっぱり同じ様にやってくる。足がすくんで動けない。

近づくにつれ、とにかく早く、この場を逃げ出そうと思いながら、やっぱり駄目。

私は食い入るように見た。

男か女かわからないが両手からボロ布がぶら下がり、みんな両手を横にしている。よく見ると足からも何かボロ布を引きづり引きづり、うめきながら歩いて、こちらへやってくる。髪の毛はバサバサ、小さいのや大きいのや、それは数え切れぬほどの人間だ。

私は門の外に行き、灰色の中からはっきり見た。今まで布だと思っていたものは身体の皮がはげ、その皮を引きづりながら歩いていることがわかった。

私はそれを確認し、一目散に下迫さんのところへ飛んでいき、手を引っ張って門のところへ連れていった。

下迫さんは大きな目をぐりぐりさせ唇をふるわせ頬は真っ青。2人はだまって、門の中にうめきながら入ってくる、子供や大人を見ていた。

体中ずる向けで皮を引きづりながら、歩く人、人、人。

いつまでたっても、この光景が続く。

"

http://www.manuera.com/kenso/19450806.html (via clione)

(yellowblogから)

Quote
"はじめに—-言葉ひとつで、人も、企業も、変わる 本書の構成について 第1部「漢字系」の思考停止ワード
顧客第一
うちの業界
ゆとり世代
景気の踊り場
成長
効率
多様性
成功例
技術力
品質がいい
差別化
空気を読め
自由に
時間がない
一般的
想定外
現実的
非合理
常識 第2部「カタカナ・英字系」の思考停止ワード
ターゲット
イノベーション
グローバル
コンプライアンス
リサーチ
SNS
フレームワーク
セオリー
リスク
KPI
ノルマ
リーダーシップ
マーケティング
カタカナ語
ルール 第3部「ひらがな系」の思考停止ワード
きてる
つかえない
ただしい
しかたがない
かんたんだから
がんばれ
できない
かんがえる おわりに—-思考停止ワードが教えてくれること"

思考停止ワード44